新型コロナウイルス感染症に関する対応について

詳しくはコチラ

学校法人水野学園 東京サイクルデザイン専門学校 TOKYO COLLEGE OF CYCLE DESIGN

Students在校生紹介


STUDENT’S VOICE


2012年4月の開校以来、高校生や大学生はもちろん、留学生や50歳代の社会人の方など、さまざまな経歴を持つ方々が全国から集まっています。

プロの技術のすごさを実感


自転車クリエーションコース1年
辻野 竜輝さん (19歳・埼玉県出身)

中学生の時に自転車の楽しさに目覚めて、高校では競技部に入部、ロードでインターハイまで出場しました。TCDへの進学を決めたのは、自転車のことをもっと詳しくなりたかったから。競技部時代は自分で調べて整備をしていましたが、プロからきちんと学びたかったんです。入学した当初は基礎的な実習を「こんなのできるよ」と思いましたが、それが大間違い!
先生からきちんとしたやり方を教わると、今まで自分がやってきた方法よりも数倍早い! しかも丁寧で無駄がない!
すべてがそんな感じでしたね(笑)。クラスの仲間とはよく走りに出掛けています。先日はクロモリロードレースに参戦。クラスメイトとチームを組んで6時間エンデューロで優勝することができました。気の合う仲間と自転車漬けの毎日。卒業までにもっといろんな経験を積んで、充実した学校生活を送りたいと思います。

知識と技術をたくさん吸収したい


自転車プロダクトコース1年
加藤 環さん (19歳・埼玉県出身)

自転車に興味を持ち始めたのは高校生の時。バイトして貯めたお金でロードバイクを買って、友達とロングライドをしたりして楽しんでいました。
乗るのが趣味だったので自転車の知識はほとんどなく、TCDに入学した時は本当に一からのスタート。工具の種類を覚えることから始まり、使い方、メンテナンスや修理の手順など基本的なことから少しずつ覚えていきました。
どの授業も新鮮で、本当に充実しています。分からないことを聞けば熱心に教えてくれるクラスメイトの存在も心強いですね。今は学校紹介の動画をクラスの皆で作るなど、本当に仲良く、楽しく学校生活を送れています。
私は自転車屋さんになることが夢なので、特にメンテナンスを頑張っていきたいと思っています。卒業までに知識、技術共に、吸収できるものを全て吸収したいです。

自宅工房でオリジナルグッズ制作


自転車プロダクトコース2年
神戸 俊さん (29歳・東京都出身)

社会人時代に健康の為に乗り始めたのが自転車にハマるきっかけ。
TCDはサイクルモードで知りました。高校生のときは航空整備士に憧れていたんですが、結局全く違う仕事に就いていて、TCDのブースを見てメカニックやものづくりに憧れていたことを思い出して入学を決意しました。
今の自転車所有台数は約30台。運送業だった実家のガレージを自転車置き場兼工房として使っていて、レーザーカッターやCNC旋盤など工作機械も徐々に揃えています。
去年の秋にはその設備を使って友達と協力して自転車グッズを制作、学園祭で販売したんです。まずまずの売れ行きでびっくりしました!
ネットなどで売るにはまだまだクオリティが足りないですが、将来は自営で自転車に関わる仕事ができればと思っているので、とても良い経験になりましたね。

海外で自転車の仕事を!目指して学ぶ日々


自転車クリエーションコース1年
遠藤 拓海さん (21歳・福島県出身)

高校卒業後にオーストラリアへ留学。好きだった自転車も持ち込んで、現地の人たちと走ったりしていました。ゴールドコーストを自転車で走るのがとても気持ち良くて。ますます自転車が好きになっていきました。そしてそのままオーストラリアで自転車の仕事に就こうと思って学校を探すと、日本人では通えないことが分かって…。ならば一度日本に戻ってTCDで学び、再び海外を目指そうと思ったんです。TCDに関しては自転車仲間がすでに入学を決めていて、事前にいろいろ情報を聞いていたので不安はなかったです。授業はビルディングが新鮮で楽しいですね。自分の手でパイプからフレームが完成したときは本当に感動しました。だんだん気持ちもビルダー志望になってきているかも(笑)。今は完成したフレームを塗装に出していて、乗れる状態に完成させるのが目標です。